​色入れ加工

一般的な全面塗装とは違い、素材に文字や模様をエッチングして出来た凹部に対し

スプレーガンで塗料を吹き入れる技法です

塗装技術者が長年培ってきた技能をもとに条件を導き出し、意匠性に優れた仕上がりを追求しております

素材プラス塗料色でコントラストを演出し、文字や模様を強調させることが可能です

塗料に関しては、色番号や艶程度をご指定いただければ、弊社にて調色いたします

色入れ工程の流れ

塗装されてはいけない部分は、あらかじめ

マスキングテープで保護します

文字や模様がエッチングされた製品に対し

凹部に油分や異物などの汚れがあると

塗料剥がれにつながるので念入りな清掃を

必ず行います

塗装ムラが発生しないよう、ガン圧・距離・

方向・スピードなど条件を統一します

マスキングを行っても文字や模様のきわには

必ず塗料が残っているので、その残った塗料を専用板にて製品に傷をつけないよう、丁寧に

除去します

​意匠面を保護していたインクを溶剤にて

除去します

​インクを完全除去出来たかなど製品の状態を確認して完成